CE_環境新聞様_オンライントップバナーW 850 × H 150(PC用)

日本石綿対策技術協会が発足 姫野 賢一郎 理事長、亀元 宏宣 理事に聞く 安全・安心・適切に施工管理 優良会社や技術者を育成

新たな石綿被害者の発生防止を目指し、適正な石綿対策工事に関する技術を有する技術者を育成して、活躍の場を創るための事業に取り組む日本石綿対策技術協会(ACA‐Japan、東京都千代田区、03・6630・6623)が2023年6月30日に設立された。「安全・安心な適切な施工管理」を行うための優良会社や技術者の育成を目的に、実務的指導・教育を行う国内唯一の団体で、管理者・技術者等の資格制度も将来的に目指しており、その事業展開が注目されている。そこで、同協会の姫野賢一郎理事長と亀元宏宣理事に、協会の設立背景や事業・組織概要などについて聞いた。

日本石綿対策技術協会が発足 姫野 賢一郎 理事長、亀元 宏宣 理事に聞く 安全・安心・適切に施工管理 優良会社や技術者を育成_姫野理事長(右)と亀元理事
姫野理事長(右)と亀元理事

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り95%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。