AD_pwcスーパーワイド2層目

民間企業と連携し粗大ごみ削減・リユースを促進 川崎市 マーケットエンタープライズ「おいくら」で収集量削減

廃棄物発生量の削減、廃棄物処理にかかる費用の軽減、さらには焼却ごみを減らし脱炭素化を推進することを目的に、地方自治体では民間企業と連携しコミュニティサイトなどを活用して粗大ごみ等のリユースを促進する取り組みが増え始めている。川崎市は市民による廃棄物のリユース・リサイクルに係る活動の支援などを行ってきた「橘リサイクルコミュニティセンター」を今年度末で廃止することを決定。新たなリユース機能拡充に向けた試みとして、リユースプラットフォーム「おいくら」を運営するマーケットエンタープライズ(東京都中央区)、地域情報サイト「ジモティー」を運営するジモティー(東京都品川区)の2社と連携し、それぞれの特徴を生かした粗大ごみ削減の取り組みを開始した。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り92%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。