AD_pwcスーパーワイド2層目

骨太方針原案 GX投資を大胆に加速

政府は7日、経済財政諮問会議(議長=岸田文雄首相)を官邸で開き、「経済財政運営と改革の基本方針(骨太方針)2023」の原案を示した。それによると、主な環境関連では、GX投資を大胆に加速させ、エネルギー安定供給と脱炭素分野で新たな需要・市場を創出し、日本経済の産業競争力強化・経済成長につなげると強調。そのため、少なくとも今後10年間で、官民協調による150兆円超の脱炭素分野での新たな関連投資を実現するとしている。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り86%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。