AD_pwcスーパーワイド2層目

カーボンゼロへの挑戦(45) 川崎市、JFE跡地に水素エネ供給網構築 横浜市や首都圏との広域連携も

川崎市は2日、今年9月に高炉を休止するJFEスチール東日本製鉄所京浜地区(川崎区)の跡地約400㌶の利用方針を公表し、扇島地区の一角に水素・アンモニアの供給拠点を整備する方針を打ち出した。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り95%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。