AD_pwcスーパーワイド2層目

公取委、電力3社に最高額の課徴金1千億円 電力カルテル、自由化骨抜きに「厳罰」

企業向けの電力供給を巡り大手電力会社が顧客獲得を制限するカルテルを結んでいたとして、公正取引委員会は3月30日、独占禁止法違反(不当な取引制限)で中部電力、中国電力、九州電力の3社などに総額1010億円の課徴金納付を命じた。公取委が命じた課徴金としては過去最高額。また経済産業省は今週中にも、大手電力の送配電部門が持つ新電力の顧客情報を小売部門の社員が不正閲覧していた問題で関西電力など5社に業務改善命令を出す方針だ。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り91%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。