CE_環境新聞様_オンライントップバナーW 850 × H 150(PC用)

敦賀港でFSRU事業化調査 水素・アンモニアのSC構築へ 福井県など

福井県、北陸電力、三井物産の3者は10月27日、県内の敦賀港における浮体式貯蔵再ガス化設備(FSRU)を用いた水素・アンモニアサプライチェーン(SC)構築に向け共同で事業化調査を実施すると発表した。FSRUは洋上で液化アンモニアを受入・貯蔵し、利用する際に再ガス化して送り出す設備。FSRUから供給されるアンモニアの利活用や、荷役機械へ水素電源を導入するなど実現可能性を調べる。

敦賀港でFSRU事業化調査 水素・アンモニアのSC構築へ 福井県など_FSRUによるSC構築のイメージ
FSRUによるSC構築のイメージ

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り61%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。