CE_環境新聞様_オンライントップバナーW 850 × H 150(PC用)

エシカルに生きる シーズン2―学びの記録―(8) 京都芸術大学1年 髙橋 あすか 犬の保護施設の手伝いをしながら過ごした2カ月間

人間には自分の行動が与える影響を考える責任がある

私のガラパゴス諸島での1日は、朝7時の犬たちの餌やりからスタートします。保護施設で暮らす犬は約50匹。朝から大きな鍋でご飯を炊いて、準備をします。ご飯が終わると施設内を掃除したり、シャワーやブラッシングなど犬たちのケアをして午前の活動は終了。

エシカルに生きる シーズン2―学びの記録―(8) 京都芸術大学1年 髙橋 あすか 犬の保護施設の手伝いをしながら過ごした2カ月間 人間には自分の行動が与える影響を考える責任がある_道端の茂みから現れたゾウガメ。その様子を犬が見守る
道端の茂みから現れたゾウガメ。その様子を犬が見守る

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り82%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。