AD_pwcスーパーワイド2層目

対馬市 核ごみ処分場の文献調査を拒否 市長表明「市民の分断深めたくない」 「交付金20億円」より風評被害を優先

原発の使用済み核燃料から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場選定の第1段階となる「文献調査」について、長崎県対馬市の比田勝尚喜市長は9月27日の市議会本会議で国側に応募しないと表明した。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り95%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。