AD_pwcスーパーワイド2層目

環境省 24年度からの新規施策

生態系情報や環境影響を可視化
再エネ導入加速化でモデル事業

環境省は2024年度からの新規施策として、「環境保全と利用の最適化による地域共生型再エネ導入加速化検討事業」を実施する。気候危機と生物多様性損失に統合的に対応するため、生態系情報や環境影響の把握・可視化により、ネイチャーポジティブにも貢献する持続可能な再生可能エネルギーの導入加速化を図るもの。24年度予算に9億3千万円を要求している。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り89%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。