AD_pwcスーパーワイド2層目

地価汚染―地価に潜む土壌汚染

近年、土壌汚染対策法の施行などを契機に、不動産価格評価の分野においても土壌汚染との関連性が大きくクローズアップされており、適切な対応が求められている。そうした中、本書は土地や不動産の取引市場の適正な評価額を求めることを目的に、最適と見られる土壌汚染の定義や認識及び土壌汚染にかかわる土地評価について解説しており、不動産鑑定士など土壌汚染関係者の必携の書となっている。

【内容】

第1章「土壌汚染にかかわる認識」=▽土壌汚染とは▽土壌汚染の調査と認識▽除去等の措置

第2章「土壌汚染にかかわる土地価格の評価」=▽土壌汚染が存在しない土地▽土壌汚染が価格形成に大きな影響を与えることがないと判断した土地▽土壌汚染が価格形成に大きな影響を与えると判断した土地▽土壌汚染が存在する土地▽特別な対応をする土壌汚染地の価格の評価

【編著】足立良夫・著

【体裁】A5判、216ページ

【定価】2,750円(税込・送料別)

地価汚染―地価に潜む土壌汚染