CE_環境新聞様_オンライントップバナーW 850 × H 150(PC用)

環境福祉学講座(159) 林業の歴史からみる環境福祉(12) 自然保護の哲学と福祉

環境庁の発足と自然保護

戦前から長い間、日本の自然保護行政を実質的に担ったのは林野行政であった。日本は国土の7割を森林が占めているが、森林法に基づき森林を管理することによって自然保護が図られてきた。自然公園については 1931年(昭和6年)に国立公園法が制定されたが、景観を保護する見地から国立公園を管理するにとどまっていた。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り92%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。