AD_pwcスーパーワイド2層目

環境省地球温暖化対策課 DCの脱炭素化に多彩メニュー 側面支援でDX・GXを加速化

世界中で膨れ上がるデータ処理の需要。それらを集約し効率的に処理するために設置されるデータセンター(DC)は高性能化・大型化が進み並行して電力消費量も増大してきた。野村総合研究所によると2019年に国内DC関連の消費電力は22・9テラワット時。30年には実に4~7倍の90~150テラワット時に及ぶと推計している。社会的ニーズの高まりに伴い温室効果ガス(GHG)の削減が喫緊の課題となる。そんなDCの脱炭素化へ側面から切り込むのが環境省だ。データ処理量を高めながらGHGの削減を図るというDX・GX(デジタル、グリーンによる社会変革)の避けて通れないあい路で、現代社会の困難を引き受けDC市場の拡大と排出量のデカップリング――つまり排出減へ導くために奔走している。

環境省地球温暖化対策課 DCの脱炭素化に多彩メニュー 側面支援でDX・GXを加速化_ゼロエミ事業のイメージ
ゼロエミ事業のイメージ

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り91%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。