AD_pwcスーパーワイド2層目

ジョージフィッシャー プラント営業部 水野 裕之氏に聞く ポリエチレン配管システムの導入によるDC分野での環境負荷軽減への貢献と課題

国内では水道管での利用が進んでいるポリエチレン配管。環境先進国の欧州各国では社会インフラだけでなく、ショッピングモールや大学などの施設の空調設備配管、工場工水、排水配管などさまざまな分野でポリエチレン配管システムの利用が浸透している。またデータセンター冷水配管でも同様に使用されており、近年は新設ラッシュもあり需要が高まっている。一方、国内ではあらゆる分野でいまだ金属配管の割合が高く、環境負荷に関する課題が多い。そこで、ポリエチレン配管採用による環境負荷の軽減について詳しい、プラスチック配管関連製品や溶着機の製造・販売をグローバルに展開するジョージフィッシャー(以下、GF)の水野裕之氏に、最新の動向と取り組みについて聞いた。

ジョージフィッシャー プラント営業部 水野 裕之氏に聞く ポリエチレン配管システムの導入によるDC分野での環境負荷軽減への貢献と課題_

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り82%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。