AD_pwcスーパーワイド2層目

濱野彌四郎の伝記、台湾語で刊行 台湾・台南市 水道通水100周年記念し

台湾・台南市はこのほど、市の水道給水100周年を記念し、『都市の医師―濱野彌四郎の軌跡』(稲場紀久雄著)の台湾版(中国語版)を刊行した。

濱野彌四郎は、日本の衛生工学の父、ウィリアム・K・バートンの弟子にあたる土木工学者。日本統治時代の台湾で台湾総督府土木部の技師として多くの上下水道インフラを手がけたことから、「台湾水道の父」と評されている。濱野の設計した台南水道は、土木学会の選奨土木遺産に指定されている。

原著は、大阪経済大学名誉教授の稲場紀久雄氏が、濱野の生涯とその功績を伝記にまとめたもので、1993年に水道産業新聞社から発刊された。作家・司馬遼太郎の著書でも、その概要が紹介されている。

濱野彌四郎の伝記