AD_pwcスーパーワイド2層目

大成建設とリバスタ、建設現場のCO2排出量管理サービス共同開発へ

大成建設とリバスタ(東京都江東区)は9日、建設現場で発生するCO2排出量計測管理サービスの開発に着手すると発表した。大成建設がこれまで培ってきたCO2排出量計測管理のノウハウと、リバスタが蓄積している豊富な現場データを活用するもの。今後、ユーザーの負荷を低減し、高い汎用性を備え誰もが利用できるサービスとして外販し、建設業界での標準化に向けた普及展開を目指す方考え。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り67%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。