AD_pwcスーパーワイド2層目

旭日単光章を受章 廃ガラス再資源化の狩野氏

岩手県奥州市の環境保全サービス代表取締役で廃ガラスリサイクル事業協同組合長を務める狩野公俊氏は、2023年春の叙勲で旭日単光章を受章した。同社は1986年に創業し、独自開発の「ガラスわけーる」で廃ガラスを土木資材に再生する事業を開始した。

この記事は
会員限定です。

続きは会員登録(無料)
するとお読みいただけます