AD_pwcスーパーワイド2層目

地中熱だより(231)東京発 地中熱利用の計画の際は環境性等だけではなくシステム導入の容易性もポイントに

地中熱利用促進協会

2030年以降の地域脱炭素のモデルケースとなる脱炭素先行地域および重点加速化事業では、地中熱利用の計画は合わせて8件採択されている。公共施設の建て替えなどで大幅なCO2削減を実現させようとするケースが目立つ。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り87%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。