CE_環境新聞様_オンライントップバナーW 850 × H 150(PC用)

TNFD早期採用 46カ国超の320組織に 日本は最多の80組織が表明 25会計年度までに情報開示

自然資本に関する企業等のリスク管理と開示の枠組みを開発した国際的組織の自然関連財務情報開示タスクフォース(TNFD)は16日、2023年9月に公表した提言を採用し、それに沿った情報開示を25会計年度までに行う意思を表明した早期採択組織を、スイスで開かれた世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)で発表した。それによると、同組織の数は46カ国超の320に上り、その時価総額は4兆ドルに達するとしている。そのうち、日本は全体の4分の1を占める最多の80で、金融機関が24、事業会社が56となっている。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り83%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。