kankyo_850150

エネ安保再構築に12%増の4832億円 GXの実現に19%増の5030億円

経済産業省はエネルギー対策特別会計の来年度予算で22年度当初予算比15・2%増の8273億円を概算要求した。電源・燃料供給網の多様化・強靱化、安定した電力供給システムの整備を中心としたエネルギー安全保障の再構築に同12・1%増の4832億円を計上。GX(デジタルトランスフォーメーション)の実現には19・8%増の5030億円を計上した。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り93%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。