AD_pwcスーパーワイド2層目

全33基の風車据え付けを完了 鹿島が秋田港・能代港洋上風力工事で

鹿島は22日、住友電気工業と共同で国内初の商用洋上風力発電事業となる「秋田港・能代港洋上風力発電施設建設工事」でこのほど、全33基(秋田港13基、能代港20基)の風車据え付けを完了したと発表した。

同事業は、民間企業が計画段階から商業ベースで開発・事業化を行うもので、発電容量は約140メガワットと国内最大規模を誇る。今後は今年末の商業運転開始に向け、全33基の風車の試運転や法定検査などを進める。SEP船での据え付け

SEP船での据え付け