AD_pwcスーパーワイド2層目

ひらかたパークで「次世代ごみ収集」の実証実験 大栄環境

 大栄環境グループは早稲田大学小野田研究室と共同で、京阪電気鉄道が運営するひらかたパークで、自律走行型モビリティを使用した 「次世代ごみ収集システム」の実証実験を行った。 同実証実験は、従来の人手によるごみ回収から運搬、バックヤードでの積み替えなどの一連のごみ収集作業を、新たに開発したマルチベネフィット型自律走行モビリティ、スマートごみ箱などを使用して自動化・非接触化することを目指している。近年、少子高齢化により、清掃業界でも清掃員の人手不足への対応が深刻な問題となっている。また、新型コロナウィルスを経験したことにより、非接触型のごみ収集システムに関するイノベーションも社会的要請となっている。これらの改題を解決する持続可能な未来を支える革新的なごみ収集の実現を目指す。

ひらかたパークごみ箱
ひらかたパークのごみ箱

持続可能な未来を支える革新的なごみ収集目指す

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り69%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。