AD_pwcスーパーワイド2層目

CPは炭素税と排取のミックスで 温対税率の早期引き上げ実現も

東京都の税制調査会(池上岳彦会長) は先月27日、2022年度の報告をまとめた。それによると、環境関連の税制改革の方向性として、カーボンプライシング(CP)では、炭素税と排出量取引のポリシーミックスにより、効果的に脱炭素化を進めていく必要があるとしている。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り87%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。