AD_pwcスーパーワイド2層目

大成建設グループ4社 建築物の木材利用促進へ 農水、環境両省と協定締結

大成建設、大成ユーレック、大成建設ハウジングおよび佐藤秀の大成建設グループ4社は3月27日、農林水産省、環境省と「建築物木材利用促進協定」を締結した(写真)。2021年10月に施行された都市(まち)の木造化推進法にもとづくもの。建築物木材利用促進構想として、カーボンニュートラル社会の実現に貢献するとともに、森林破壊ゼロを前提とした木材の調達および森林におけるネイチャーポジティブに貢献することで、持続可能な森林資源・森林環境の活用と保全を推進する。

大成建設グループ4社 建築物の木材利用促進へ 農水、環境両省と協定締結_

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り58%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。