AD_pwcスーパーワイド2層目

カーボンプライシング制度 大企業参加義務化など視野に法定化 岸田首相、施政方針演説で表明

岸田文雄首相は1月30日、衆参本会議で施政方針演説を行った。そのなかで、主な環境関係では、脱炭素と経済成長の両立を図るGXの推進を強調。世界初のGX経済移行債20兆円を活用し、産業・くらし・エネルギーの各分野で投資を加速するとともに、カーボンプライシング制度の2026年度本格導入に向け、大企業の参加義務化や個社の削減目標の認証制度の創設を視野に、法定化を進めていく考えを表明した。また、今国会に、水素、CCS(CO2回収・貯留)、洋上風力の導入拡大のための法案を提出すると述べた。さらに、23年12月に初の首脳会合を開いた「アジア・ゼロエミッション共同体」の取り組みを加速するほか、アジア諸国の多様な取り組みに日本の技術力や金融力で貢献し、同時にアジアの成長力を日本に取り込んでいく考えを示した。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り58%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。