AD_pwcスーパーワイド2層目

GHG排出量、35年までに60%削減必要 IPCC統合報告書

国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は20日、最新の知見をまとめた第6次評価の統合報告書を公表した。それによると、世界の平均気温は産業革命前からすでに1・1℃上昇しており、2030年代にはパリ協定の「1・5℃」目標に達する可能性が高いと指摘。同目標を達成するには、世界全体の温室効果ガス(GHG)排出量を35年までに19年比で60%削減する必要があるとしている。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り89%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。