AD_pwcスーパーワイド2層目

風力発電ブレード、一部地域でほぼ全量が埋立処分 2040年の大量廃棄へ対策急務

風力発電設備用のブレード(羽)について、国内の一部地域でほぼ全量が埋立処分されておりリサイクルされていない実態が明らかになった。高強度のFRP(繊維強化プラスチック)で製造されており処理が難しい。風を受けるために体積が大きく、そのまま処分した場合に埋立処分場を圧迫する。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り85%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。