CE_環境新聞様_オンライントップバナーW 850 × H 150(PC用)

PFAS汚染土壌の浄化、規制先行する米国で試験 清水建設

清水建設は、一部の物質で人体への有害性が指摘されているPFAS(有機フッ素化合物)による汚染土壌について独自の土壌洗浄技術である「泡沫分離法」が有効かどうか検証する試験に着手した。米国テキサス州において、同国内の実際の汚染サイトで採取されたPFAS汚染土に対する除染効果を試験。規制面で先行する米国で検証することで今後、国内の規制強化による需要増への適用を目指す。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り56%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。