AD_pwcスーパーワイド2層目

ウーマンズパビリオン着工 大阪・関西万博 低炭素型素材を活用 大林組 

大林組は18日、2025年に開かれる大阪・関西万博で宝飾品ブランドのカルティエが出展する「ウーマンズ パビリオン」について10月に本体工事を始めたと発表した。低炭素型素材を活用しドバイ万博日本館のファサード(建物の正面)をリユースするなどで建設資材製造時のCO2排出量を約50%削減させる。基本設計段階から検討チームに参加しカーボンマネジメントに取り組んできた成果を生かす。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り65%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。