AD_pwcスーパーワイド2層目

秋本衆院議員 逮捕 再エネ普及に影響

東京地検特捜部は7日、洋上風力発電事業をめぐる汚職事件で「日本風力開発」(東京都千代田区)側から依頼を受けて国会質問で便宜を図る見返りに計6140万円の賄賂を受け取ったとして、秋本真利衆院議員(48)(自民党離党)を受託収賄容疑で逮捕した。同社の塚脇正幸・前社長(64)は贈賄容疑を認めているが、秋本容疑者は容疑を否認しているという。

秋本容疑者は自民党再生可能エネルギー普及拡大議員連盟の事務局長を務めており、容疑が事実ならば、再エネの開発、普及に及ぼす影響は小さくない。