AD_pwcスーパーワイド2層目

横浜市 下水再生リン配合肥料で農業振興へ B―DASHプロジェクト実証施設完成

横浜市は3月27日、同市鶴見区の北部汚泥資源化センターで下水再生リン回収実証施設の完成式を行った。同施設は、国土交通省の2022年度補正予算による下水道革新的技術実証事業(B―DASHプロジェクト)において、下水汚泥からのリン回収技術の実証を行う施設の一つ。式典には山中竹春横浜市長、国土交通省水管理・国土保全局の松原誠下水道部長(当時)、リン回収施設について横浜市と共同研究を行う月島JFEアクアソリューション(TJAS)の鷹取啓太代表取締役社長、下水再生リンを活用した肥料の開発と流通で連携するJA横浜、JA全農神奈川の責任者など多数が参加し、施設の完成を祝った。来賓によるテープカットの後、来賓と報道関係者向けの施設見学会も行われた。

横浜市 下水再生リン配合肥料で農業振興へ B―DASHプロジェクト実証施設完成_テープカットの様子
テープカットの様子

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り82%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。