AD_pwcスーパーワイド2層目

森林23ヘクタール相当を炭素吸収 リシリコンブのブルーカーボン試算 国土交通省

国土交通省北海道開発局は8日、利尻島沿岸全域のリシリコンブ養殖によるブルーカーボン生態系についてCO2吸収量を公表し53・9トンCO2年と推計した。森林の単位面積当たりの吸収量に換算すると23・4ヘクタールの森林面積に相当するという。コンブを生育させる養殖ロープ1メートル当たりのコンブ重量と養殖ロープの延長から簡易に試算する式を利用した。ブルーカーボン生態系の取り組みを拡大するための基礎データとして期待する。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り46%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。