AD_pwcスーパーワイド2層目

再エネ事業 計画違反に交付金留保の積立義務

経済産業省は25日、再生可能エネルギーの長期電源化および地域共生に向けた制度的検討の方針案を、同日オンラインで開いた総合資源エネルギー調査会(経産相の諮問機関)の有識者ワーキンググループに示した。今月9日に示した方針案に続く第2弾で、それによると、違反状況の未然防止・早期解消に向けた制度的措置として、事業計画に違反した場合、FIT/FIP交付金を留保するための積立義務を課すとしている。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り77%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。