AD_pwcスーパーワイド2層目

残渣型バイオスティミュラントで環境保全を推進 AGRI SMILEなど、「脱炭素地域づくり協議会」設立

AGRI SMILE(東京都千代田区)は、農業協同組合、製造企業、金融機関などの多数のステークホルダーの参画を得て、 「バイオスティミュラント活用による脱炭素地域づくり協議会 (Eco―LAB)」を設立、7日に都内で設立総会および発表会を開催した。同協議会は、農業産地のニーズに対応したバイオスティミュラントの適切な活用を支援するとともに、カーボンクレジット取引の促進を目指していく。バイオスティミュラントは、政府の戦略にも掲げられている農業生産資材であり、植物本来の機能を引き出すことで環境ストレスを緩和させる特徴を持ち、収量や品質の向上効果で注目されている新しい農業資材。収量や品質の効果が見込めるため、化学肥料の使用量低減を実現する手段として期待されている。

残渣型バイオスティミュラントで環境保全を推進 AGRI SMILEなど、「脱炭素地域づくり協議会」設立_協議会設立発表会が行われた
協議会設立発表会が行われた

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り75%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。