AD_pwcスーパーワイド2層目

廃棄物処理業者が生き残るための脱炭素経営(13) TCFDの今後の動向 他業界の模範となる活動を展開することが商機に

移行計画について

これまでお伝えさせていただいた通り、気候リスクの開示は、東証のプライム市場区分の会社では、実質的に義務付けられるようになった。これにより、取引相手の会社もサプライチェーン算定に組み込まれることになった。Scope3においては上流にも下流にも廃棄物のカテゴリ(カテゴリ5:事業から出る廃棄物、カテゴリ12:販売した製品の廃棄)がある。そのため、業界平均である原単位を使うのではなく、貴社の処理に関わる排出量算定を独自に行った方が、取引相手には喜ばれる。排出量が削減できることのみならず、積み上げ方式という、一次情報の方が当然正確であるからだ。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り83%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。