AD_pwcスーパーワイド2層目

炭素税を「賦課金」に改め32年度にも導入 排出量取引、火力発電を段階的に有償化

経済産業省は24日の有識者会議で成長志向型のカーボンプライシング(CP、炭素の価格付け)素案を示した。与党税制調査会などの介入を防ぐため炭素税の位置付けを「賦課金」に改める一方で、CO2排出量取引では再エネなどの代替手段がある発電事業から段階的に排出枠の有償化を進める。共に導入は2032年度を想定し、GX(グリーントランスフォーメーション)経済移行債20兆円の償還財源とする。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り92%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。