AD_pwcスーパーワイド2層目

バイオマス灰由来肥料 年5千トン超を本格発売 日本製紙

日本製紙は1月から、これまで試験的に発売していたバイオマス灰由来の肥料を本格的に販売開始する。保有している勇払バイオマス発電所(北海道、2023年稼働)と八代工場N1バイオマス発電設備(熊本県、同15年)で発生した燃焼灰(バイオマス灰)について年間計5300トンを肥料化。農林水産省が運営する「国内肥料資源マッチングサイト」で肥料製造や利用者に向けサンプル提供し売り出す。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り69%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。