AD_pwcスーパーワイド2層目

AEM水電解装置で水素を製造・販売 国内初、東京ガスが荒川区で開始

東京ガスは13日、東京都荒川区の千住水素ステーションで、陰イオン交換膜(AEM)水電解装置を使用した水素の製造・販売を国内で初めて開始した。同ステーションは2016年の営業開始以来、敷地内で都市ガスから製造した水素を販売。22年度末には、非化石証書が付与された実質再生可能エネルギー100%の電気に切り替えた。今回、ドイツのエナプター社製のAEM水電解装置を導入することで、CO2フリー水素の製造・販売を実現した。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り41%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。