AD_pwcスーパーワイド2層目

24年3月末を経過措置期限にPKS等の持続可能性認証 経産省 総合エネ調に方針案

経済産業省は20日、バイオマス発電燃料のパームヤシ殻(PKS)とパーム古木について、持続可能性認証を取得する経過措置の期限を2024年3月31日とし、それ以上は延長しない方針案を、同日オンラインで開いた総合資源エネルギー調査会(経産相の諮問機関)の有識者ワーキンググループ(WG)会合に示した。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り69%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。