kankyo_850150

新団体「資源循環推進協議会」が発足 持続可能な循環共生型社会、脱炭素社会の実現目指す 

サーキュラーエコノミー(CE)や気候変動対策を推進するスタートアップ企業、中小・大企業等のリーディングカンパニー、さらに自治体、有識者、省庁、関連団体などが協働する新団体、「一般社団法人資源循環推進協議会」(東京都千代田区、山﨑敦義代表理事)がこのほど発足した。業界・企業の枠を超え、「高い環境価値と国際競争力を有したサプライチェーンの動脈と静脈が連携した資源循環」「DX(デジタル・トランスフォーメーション)技術の活用によるグリーンイノベーションの価値創造」「地域循環共生圏の形成による脱炭素・低環境負荷な地域循環モデルの創出」を実現し、日本をCEの世界のトップランナーに導くことを目標に活動して行く考えだ。

大栄環境など参加、TBMが事務局

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り86%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。