CE_環境新聞様_オンライントップバナーW 850 × H 150(PC用)

土壌環境センター 2024年の展望 土壌環境センター副会長 早水 輝好 土壌・地下水保全施策への貢献を推進

会員サービスの向上を図り、新たな課題にも対応

はじめに

土壌環境センター(以下、「センター」)は前身の土壌環境フォーラムを母体として1996年に社団法人として設立され、2013年に一般社団法人に移行、現在に至っている。この間、02年に制定された土壌汚染対策法(土対法)は2回の改正を経て昨年施行20周年を迎え、土対法の成立前から土壌・地下水汚染対策を支えてきたセンターも今年で設立から28年となる。24年の年頭に当たり、最近の活動を振り返りつつ、新年の事業展望をまとめてみる。

土壌環境センター 2024年の展望 土壌環境センター副会長 早水 輝好 土壌・地下水保全施策への貢献を推進 会員サービスの向上を図り、新たな課題にも対応_第28回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会(ポスター会場)
第28回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会(ポスター会場)

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り94%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。