CE_環境新聞様_オンライントップバナーW 850 × H 150(PC用)

今国会の内閣提出予定法案、環境関係は9本 環境省、再資源化事業高度化などで新法 経産省は低炭素水素供給などで新法

岸田内閣が今国会に提出予定の58法案のうち、環境関係は6府省の計9本に上っている。内訳は、①地球温暖化対策推進法改正案②地域における生物の多様性の増進のための活動の促進等に関する法律案③資源循環の促進のための再資源化事業等の高度化に関する法律案(以上、環境省)④脱炭素成長型経済構造への円滑な移行のための低炭素水素等の供給および利用の促進に関する法律案⑤二酸化炭素の貯留事業に関する法律案(以上、経済産業省)⑥再エネ海域利用法改正案(内閣府)⑦都市緑地法等改正案(国土交通省)⑧食料・農業・農村基本法改正案(農林水産省)⑨風力発電設備の設置等による電波の伝搬障害を回避し電波を用いた自衛隊等の円滑かつ安全な活動を確保するための措置に関する法律案(防衛省)――となっている。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り72%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。