AD_pwcスーパーワイド2層目

カーボンリサイクル技術の低炭素素材「次世代LIMEX」開発 TBM

TBM(東京都代田区)は、スイス東部のダボスで1月15~19日に開催された世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)で、カーボンリサイクル技術を使用した「次世代LIMEX」を発表した。排出されるCO₂を分離・回収し、多様な炭素化合物として再利用するカーボンリサイクル技術は、大気中へのCO₂の排出を抑える重要な技術の1つとして、国内外で注目されている。次世代LIMEXは、石灰石を主原料とする従来のLIMEXで使用されていた鉱物由来の炭酸カルシウムを、排ガス由来のCO₂と、コンクリートスラッジや鉄鋼スラグなど工場から排出されるカルシウム含有廃棄物から、低環境負荷のプロセスで化学合成した炭酸カルシウムに置き換えることで、カーボンニュートラルへの貢献を推進する低炭素素材となっている。

1月15〜19日開催のダボス会議で発表

LIMEX
次世代LIMEXについて

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り79%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。