CE_環境新聞様_オンライントップバナーW 850 × H 150(PC用)

高俊興業会長 高橋俊美氏が死去

東京都産業資源循環協会会長も務めた高俊興業の高橋俊美会長が72歳で死去した。通夜は22日、告別式は23日に東京都新宿区の落合斎場でしめやかに執り行われ、廃棄物業界関係者らが多数参列し故人を偲んだ。

高橋氏は1978年産業廃棄物収集運搬業を主業に高俊興業有限会社を創業、86年に株式会社に組織変更した。98年には千葉県市川市に産業廃棄物中間処理施設「市川エコ・プラント」、2004年には東京都大田区の東京スーパーエコタウン内に「東京臨海エコ・プラント」を完成。徹底した選別にこだわった高精度選別再資源化システムで、リサイクルが低迷していた建設系混合廃棄物処理を根底から変えた。また、2010年から20年まで10年間東京都産業資源循環協会会長を務め、業界の発展に貢献した。