AD_pwcスーパーワイド2層目

建設汚泥再生品等の利用促進へ 再生土が牽引する再生品利用拡大への道

筆者は、再生品を製造する大阪ベントナイト事業協同組合代表理事、また、全国産業資源循環連合会建設廃棄物部会部会長(当時)として、コンクリート再生砕石と建設汚泥再生土を混ぜたハイブリッドソイル事業を推進する活動を行ってきた。この活動から産業廃棄物処理事業振興財団によって22年10月4日現在、2つのコンクリート再生砕石施設と3つの建設汚泥再生施設が認証された。本論では、ハイブリッドソイルの性状などの概要を紹介する。また、大阪ベントナイト事業協同組合の建設汚泥処理土の原料である沖積粘土の紹介、それを原料に建設汚泥再生施設第一号に認証されたハイブリッドソイル事業に対応した堺プラントの紹介を行う。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り87%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。