CE_環境新聞様_オンライントップバナーW 850 × H 150(PC用)

エンバイオ・エンジニアリング 稼働中事業場の地下水汚染対策が新たな柱に

廃止された有害物質使用特定施設において原位置浄化技術を柱に浄化対策を進めてきたエンバイオ・エンジニアリング(東京都千代田区、西村実社長)では、稼働中の事業場の地下水汚染対策が新たに柱となりつつある。さらに、昨今社会的な関心を集めている有機フッ素化合物(PFAS)への対応も進めており、こちらも注目される。同社の取り組みを取材した。(エコビジネスライター・名古屋悟)

この記事は
会員限定です。

続きは会員登録(無料)
するとお読みいただけます