AD_pwcスーパーワイド2層目

産廃適正処理の推進を標榜した30年の歩み 産業廃棄物処理事業振興財団理事長 加藤 幸男

1992年12月に設立された産業廃棄物処理事業振興財団(産廃振興財団)は、産業廃棄物処理特定施設整備法と廃棄物処理法の指定法人として、産業廃棄物の排出事業者の支援、産業廃棄物処理業者の育成、産業廃棄物の適正な処理などを通じて、生活環境の保全と国民経済の健全な発展に寄与してきた。昨年12月に設立30周年を迎えたのを機に、産廃振興財団のこれまでの軌跡を振り返るとともに、これからの展開を紹介する。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り94%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。