AD_pwcスーパーワイド2層目

都の「太陽光」義務化条例成立 25年から、戸建て住宅は全国初

全国初となる東京都の新築一戸建て住宅などへの太陽光パネルの設置を義務付ける改正環境確保条例が15日、都議会本会議で可決、成立した。賛成は都民ファースト、公明、立憲民主など49票、反対は自民など34票だった。2025年4月からの施行で、延べ床面積2千平方㍍未満の新築住宅などは大手住宅メーカーなどが義務を負う。川崎市も今後、義務化を目指す方針を示しており、都の取り組みが全国に広がる可能性がある。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り79%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。