AD_pwcスーパーワイド2層目

カーボンゼロへの挑戦(51) 広島県に「カーボンリサイクル実証研究拠点」 3つのエリアで実証、基礎研究など集中展開 

CCS(CO2回収・貯留)と対となる形で注目されているのが、CO2を炭素資源として分離・回収し化学品や燃料、コンクリートなどにして再利用するカーボンリサイクルだ。カーボンリサイクルの取り組みは、すでに全国各地で企業同士が連携するなどとして、実装あるいは実装に向けた技術開発や実証、調整等が進められている。今号ではそのうち広島県大崎上島で推進中の「カーボンリサイクル実証研究拠点」等の取り組みを追った。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り91%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。