CE_環境新聞様_オンライントップバナーW 850 × H 150(PC用)

静脈産業の脱炭素型資源循環システム構築へ 中央環境審議会循環型社会部会小委員会

動静脈連携でカーボンニュートラルとサーキュラーエコノミーを実現

日本政府は2050年カーボンニュートラルを打ち出しており、さまざまな分野で脱炭素に向けた取り組みが進められている。環境分野のもう一つの大きな課題が、資源循環を加速させサーキュラーエコノミーを実現させることで、その担い手となるのが静脈産業だが、その静脈産業にも脱炭素への取り組みを進めることが求められている。

静脈産業の脱炭素型資源循環システム構築へ 中央環境審議会循環型社会部会小委員会 動静脈連携でカーボンニュートラルとサーキュラーエコノミーを実現_図1 動静脈連携の構築
図1 動静脈連携の構築

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り96%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。