AD_pwcスーパーワイド2層目

加山興業スペシャル対談~環境ビジネスの未来に向けて~(4) 視野を狭めずさまざまなことにチャレンジしてほしい

――廃棄物処理業に対するイメージは。

八田 Seabinの活動を通じて廃棄物処理業の方々と知り合うまではあまりよく知りませんでしたが、過酷な環境で働いているのかな、というイメージがありました。また、正直本当に環境のことを優先して正しく処理しているのかという疑問も多少はありました。活動を始めてからは実際に処理を行っている企業の方に話を伺い、施設も見学したのですが、われわれが普段使っていたようなごみがリサイクルされていてとても身近に感じましたし、そこで働く方も生活に密着したものを処理して世の中に良いことをしているという自信を持って働いていて、すてきだなと思いました。

全文を読むには
有料プランへのご登録が必要です。

記事本文残り85%

続きは有料会員にお申し込み
いただいた後、
記事をお読みいただけます。

  • 「有料会員」になると購入手続き不要ですべての記事を閲覧できます。
  • 新聞購読者の方はお得な「プレミアム会員」も選べます。
  • 初月無料で有料会員に登録できます。